γ-GPTとタバコは関係ないと思っていませんか?

γ-GPTの数値が高いととても気になってしまいますよね。
γ-GPTの数値が上がる原因でよく知られているのはアルコールです。
アルコールを過剰に摂取すると肝機能が低下してしまうことが理由ですよね。

 

 

γ-GPTはアルコールを控えればOKだと考えがちですが
それは大きな間違いです。
なぜなら、γ-GPTはタバコとも関係しているからです。

 

 

では一体、タバコのなにがγ-GPTの数値を上げてしまうのでしょうか?
今回はγ-GPTとタバコの関係性をチェックしてみましょう!

 

 

◆タバコが肝臓に悪いって本当?

 

タバコにはニコチンやタールなどの有害物質が含まれています。
これらの有害物質は肝臓で分解・処理されています。
喫煙することによって肝臓に負担がかかってしまうのですね。

 

さらにタバコに含まれているアセドアルデヒドには
肝細胞を破壊してしまう性質がありますので
吸えば吸うほどに肝臓に悪いということが分かります。

 

 

◆禁煙でγ-GPTを改善しよう!

 

タバコは百害あって一利なしです。
吸わなければ肝臓を守ることができるだけではなく
健康を維持しやすくなるでしょう。

 

禁煙するメリットはたくさんあります。

 

・肝臓への負担が小さくなる
・循環機能が回復し、肺活量が増える
・ガンや心臓病(心筋梗塞等)のリスクを下げる
・身体がスッキリする

 

これまでタバコを吸い続けてきた人にとっては
禁煙は大きな壁に感じられるかもしれません。
禁煙することでストレスを溜めすぎても
健康に害を及ぼしてしまう可能性がありますので
自分に合った方法で禁煙を進めていくことをオススメします。

 

γ-GPTの数値が高い人のなかには
お酒もタバコも習慣になっているケースが少なくありません。
量を減らしたり、どちらかだけでも完全に辞めることで
肝機能を回復させていくようにしたいですね。

 

タバコが肝臓に悪いというイメージはあまりありませんが
身体にとって有害なものはすべて肝臓に負担をかけています。
まずはタバコの危険性を理解したうえで
禁煙に向けてできることをやっていきましょう。